たいてい旅日記

主に海外旅行の旅行記を写真を交えて書いています

クロアチア・スロヴェニア旅行記 2016 (9) ブレッド湖

スポンサーリンク

f:id:eagle02h:20210413213012j:plain

この日はリュブリャナから片道一時間ちょっとで行ける、ブレッド湖へ。
湖の真ん中に教会が佇む素敵なところで、スロヴェニアでのお目当ての一つでした。
自転車でこの周りを走るのを楽しみにしていました。
が、天気は微妙で、昼過ぎから雨が降ってきて・・・。

下記記事の続きです。

taitabi.hatenablog.com

ブレッド湖

ブレッド湖へは列車で行くことにしました。

駅へ向かうも、若干の雨。ちょっと心配。
9時半過ぎにリュブリャナ駅へ行って切符を買うと、ちょうど10分後に列車が出るそうなので乗車しました。
売り場とホームの階段が結構離れてるので、ちょっとだけ早歩きで。
今回の旅では初の列車。わくわくしますね。

f:id:eagle02h:20210413212643j:plain

車内はガラガラでした。 ブレッド湖に近づくに連れ、雨がやんで曇りときどき晴れくらいの天気に。いいぞ。
乗りながら地図を見ると、改めてスロヴェニアの小ささに驚きます。日本の四国と同じくらいらしい。
ブレッド湖からすぐ北はもうオーストリアなんです。

今回は湖東側のレスツェブレッド湖駅ではなく、それを過ぎて乗り換えたブレッド湖駅で降車。

f:id:eagle02h:20210413212655j:plain

駅から道を下っていくと、湖が見えてきました。
曇ってはいますが、雨は降っていません。

f:id:eagle02h:20210413212708j:plain

f:id:eagle02h:20210413212725j:plain

自然に囲まれた静かな空間で、とても落ち着きます。
写真を撮りつつ、湖の周りを西から東へ時計回りにゆっくり歩く。
湖一周は6kmくらいなんだとか。
東側のお店が多いところまでは、歩いて30分くらいだったかな。

f:id:eagle02h:20210413212812j:plain

湖に浮かぶ教会が美しい。曇っているのですこし霞んで見えるのが残念ではありますが、それはそれで雰囲気出てるかなと。

f:id:eagle02h:20210413212828j:plain

東側の栄えている部分に辿り着いた頃は、ちょうどお昼時。
この頃はちょうど晴れてきて、とても気持ちが良かったです。

f:id:eagle02h:20210413212842j:plain

f:id:eagle02h:20210413212854j:plain

このあたりはレストランとかがあって賑やかです。
写真に写っているところではないですが、テラス席でマスのグリルを食べました。美味しい。湖で採れたマスって言ってたな、確か。

そこからは念願のサイクリングを試みます。
計画としてはまず湖周りを走って最初のブレッド湖駅についたら、そこからヴィントガル渓谷へ向かうつもりでした。

観光案内所で3時間でレンタル。 6ユーロでした。
さっきと同じく時計回りで、今度は東から西へ。

f:id:eagle02h:20210413212934j:plain

自転車はやっぱり気持ち良いですね。
車道は馬車も走っているので、ところどころに糞があったりして避けるのが大変でした笑
ちょくちょく写真を撮るため、漕いだり降りたりの繰り返し。
スタンドがないのがちょっと不便だった。

f:id:eagle02h:20210413212947j:plain

f:id:eagle02h:20210413212959j:plain

道中では、のんびり寝る人、湖を眺める人、写真を撮る人、釣りをする人さまざま。
馬車もたくさん見かけました。

f:id:eagle02h:20210413213059j:plain

f:id:eagle02h:20210413213111j:plain

ヴィントガル渓谷へ向かうものの...

このあたりから空がどんよりと曇ってきます。
最初のブレッド湖駅までついたら、今日の第二の目的地であるヴィントガル渓谷へ向かいます。
地球の歩き方には自転車で25分と書いてあったけど、初っ端からひたすら坂道が続いてて辛い。
地図からは高低差がわからなかったので、こんなにきついとは・・・。
半分くらいは自転車を押して歩いて登ってた気がします笑

と、行程の半分くらい行ったところで雨が降り始める。
引き返すかどうか若干悩んだけど、ここまで来たからにはという意思と、まだ弱い雨なので、そのまま進むことにしました。

でも途中から本降りになってきて、相変わらず坂道は続いて流石に厳しいと思ったので、結局諦めて引き返すことに・・・。
ウィンドブレーカーを羽織って、リュックの雨よけを装備して一気に下る。
帰りは下り坂だから進むのは早いけど、雨が強くて顔に当たるし、タイヤが泥水を跳ねまくってズボンも下着もも靴も靴下もびしょ濡れ。

やっとの思いで観光案内所に戻り、結局自転車は1時間半くらいで返却しました。
その後はカフェで休むも、衣服は全く乾かず。
雨も強く止む気配もないため、お土産にマグカップだけ購入して、帰ることにしました。

最初の計画では、バス停からレスツェブレッド湖駅までバスで行って、そこから列車の予定でした。
けど、よくわからずバス停でバス待ちの人にきいたところ、直接リュブリャナ行きのバスが16:30にくるらしいのでそれで帰ることに。

雨も降って体も濡れて寒い中バスはなかなか来ず、15分くらい遅延してようやく乗車。
バス移動の1時間はひたすら寒さと尿意との戦いでした。
寒い寒い寒い。

やっとこさホステルに戻り、速攻で衣服を乾かしシャワーを浴びて温まる。
靴はホステルのオーナーの方からいらない新聞紙みたいなやつをたくさんもらって詰めておきました。
見ての通り、ブレッド湖からは余裕がなくて一切写真を撮ってません笑

夜のリュブリャナは雨は上がっていました。
夕食は日本食レストランでうどん。日本食が食べたかったのです。美味しい。

帰りにプレシェーレノフ広場を通りかかると、路上ライブで500マイルを歌っててテンション上がる。
藤原さくらのカバーで知ったばかりなので、個人的にタイムリーな歌。

以上、ブレッド湖でした。
やっぱり天気は非常に残念でしたね。
それでも、雨が降るまでに湖自体は満喫できたので良し。
ボートに乗って教会にも行けるんだそうですが、今回は天気のこともあってやめておきました。

それと、ヴィントガル渓谷への道のりがあれほど険しいとは・・・。
渓谷というくらいだから多少登るのかな、と思っていましたが甘かったです。
自転車慣れしてる人ならスイスイ行けるのかもしれませんけどね。
8割くらいまで行ったのに引き返すことになったのは非常に悔しい。いつかリベンジしたいです。

翌日はポストイナ鍾乳洞へ行きます!

taitabi.hatenablog.com