たいてい旅日記

主に海外旅行の旅行記を写真を交えて書いています

クロアチア・スロヴェニア旅行記 2016 (11) リュブリャナ〜帰国まで

スポンサーリンク

f:id:eagle02h:20210415164831j:plain

クロアチアスロヴェニア旅行記もラスト。
スロヴェニアから列車でザグレブへ移動し、それぞれ半日だけ観光して日本へ帰りました。

下記記事の続きです。 taitabi.hatenablog.com

リュブリャナ散策

ザグレブへは14:45発の列車に乗るつもりだったため、それまではチェックアウトした宿に荷物を預けてリュブリャナ市内散策。

とはいえ、この三日間ですでに街は結構回ってるんだけどね。
天気は曇りでしたが、雨は降っていないので問題なし。

まずはフランシスコ会教会へ。前回の記事の最後の方にある写真がそれです。
ちょうど日曜日で礼拝が行われていました。
少しだけ賛美歌を聴いたりして、静かに退散。

その後はティヴォリ公園へ。
近場で他にまだ行ってないところがここくらいしかなかった。

ちょっと遠いかなと思ってたけど、歩いてみるとわりとすぐ。

f:id:eagle02h:20210415164758j:plain

正面の遊歩道ではアメリカとスロヴェニア世界遺産(?)の写真展が開催されていました。
昨年行った、モニュメントバレーやグランドキャニオンの写真も発見。

f:id:eagle02h:20210415164811j:plain

f:id:eagle02h:20210415164823j:plain

正面奥まで行くと、ティヴォリ城。
中は有料だったので入らず、外観だけで満足。

f:id:eagle02h:20210415164831j:plain

園内は緑が豊かで、ランニングしてる人とか家族連れも多かったです。遊具も充実してた。
敷地はかなり広いため、入り口からみて左側だけをのんびりと歩いて回りました。

f:id:eagle02h:20210415164903j:plain

ゆっくりしたところで、街の中心部へ戻ります。
公園の周辺は美術館や大使館、国会議事堂等があり、物静かな印象。

f:id:eagle02h:20210415164914j:plain

これは国会議事堂だったかな。

f:id:eagle02h:20210415164925j:plain

なんか石碑みたいなのが建っていた。

f:id:eagle02h:20210415164938j:plain

f:id:eagle02h:20210415165006j:plain

リュブリャニツァ川の沿道では、民芸品の(?)市場が開かれていました。
特にめぼしいものはなく、スルー。

f:id:eagle02h:20210415165017j:plain

お昼はプレシェーレノフ広場近くの店でスパゲッティアラビアータを食べました。
以前旅行中に注文して辛すぎて痛い目を見たことがあったので、辛さ控えめでお願いしたところ、逆に全く辛くなかった笑

ザグレブ

宿に預けていた荷物を回収し、リュブリャナ駅へ。

列車が来て、定刻通りザグレブへ向け出発。
車内は6人ずつの個室みたいになっていて、ハリポタのホグワーツに向かう列車っぽい感じ。そんなレトロではないけど。

f:id:eagle02h:20210415165030j:plain

空いてたので広々と使えました。
窓の外を眺めたり、本を読んだり、うとうとしたり。

クロアチアにさしかかる直前の駅でしばらくとまり、パスポートチェックが入ります。
降ろされるのかとおもいきや、なんと警官が車内に乗り込んできて、その場でスタンプを押されました。

パスポートチェックを終えて退散していく警官たち。

f:id:eagle02h:20210415165041j:plain

ふと思ったんだけど、スタンプ押されたあとに列車降りたり、逆にタイミング見計らってこの駅から乗ったりすることはできるんだろうか?
あと、別に国境だからといって国境線があるようには見えなかったので、普通に歩いて審査なしに国をまたげそうなんだけど、その辺どうなっているんだろう?

そんなどうでもいいことを考えながら、合計2時間半でザグレブに到着。

f:id:eagle02h:20210415165108j:plain

もうすでにお馴染み、My Way Hostelへ。
この旅行中の利用は3度目なので、謎の安心感があります笑
最上階で階段だったのがややつらかった。

その後は夕食を食べに外出。
雨上がりで、ちょっとだけ虹が出ていました。手前の列車は多分模型。

f:id:eagle02h:20210415165119j:plain

現金が尽きそうなので、少額ですが両替を試みる。 駅へ行っても両替所は日曜日で閉まっていたので、案内された隣の郵便局で無事両替ができました。

夕食を食べたあとは、駅側の地下街のスーパーに寄って、ホステルへ戻る。
同じ部屋に日本人っぽい女の子がいたから話しかけてみると、韓国人でした。
27歳って言ってたけど、自分より若く見える。2ヶ月ヨーロッパを旅行してるらしい。いいなあ。
明日はスプリットに行くんだとか。
翌朝目が覚めた頃には、彼女はすでにいませんでした。

日本へ帰国

翌朝。
もう残すは日本に帰るだけです。

ゆっくりチェックアウトして、空港行きのシャトルバスへ。
乗り場はバスターミナルの中でも専用の場所が用意されており、分かりやすかったです。

f:id:eagle02h:20210415165131j:plain

約10日ぶりのザグレブ空港。
国際線出発ゲートのある場所も、ほんとに小さいです。

f:id:eagle02h:20210415165145j:plain

若干遅れての出発。まずはドーハへ。
席は通路側。トイレ近いから通路側は便利だけど、窓の外も見たかったなあ。
別の座席から、夕焼けのオレンジ色が覗かせていて絶対綺麗だろうなって思いました。多分砂漠だろうし。

映画はデッドプールニンジャ・タートルズを観ました。 行きも含めて、アメコミ系多いな。

ドーハ空港着。乗り継ぎ時間は約7時間。

f:id:eagle02h:20210415165207j:plain

腹が減ったので、フードコートでピザを食べました。
最初は割高なレストランしか見つからなかったのですが、その後に無事このフードコートを発見したのでした。

最後に、ドーハから成田へ。
映画はズートピアとコードネームUNCLEを眠いなか無理やり鑑賞。

座席は手前に席がないところ(CAさんと向き合うところ)だったので、広々と使えてラッキー。
2つ隣の方が敬虔なイスラム教徒のようで、手前の空間でフライト中に2回礼拝を行っているのが印象的でした。
2回とも向きが異なっていたので、ちゃんと方角確認してるんだろうなあ。

と、そんな感じで無事に帰国しました。
東京は台風が近づいていたようで、土砂降りだったのを覚えてる。

以上、これにて完結です!
友人にクロアチアスロヴェニアに行ったと言うと、何があるの?とよく聞かれました。
いやいや、ドブロブニクプリトヴィツェブレッド湖も最高だよと(自分も行くまで知らなかったんですけどね)。
本当に行って良かったです。

次の海外旅行はどこに行くかまだ決めてないけど、たぶん次の春休みが、まとまった時間をとれる最後の機会になってしまうのかなあ。
働き始めても、時間を見つけて旅行に行きたいものです。