たいてい旅日記

主に海外旅行の旅行記を写真を交えて書いています

ハノイ旅行記 2014 (4) ニンビンとハノイ市街

スポンサーリンク

ハノイ旅行記のラストです。残りの2日についてまとめて書きます。

下記記事の続きです。

taitabi.hatenablog.com

ニンビンへの日帰り現地ツアーに参加してきました。
最終日はハノイ市内をぶらぶら。

ニンビン

この日はニンビンへの日帰りツアーです。
ハノイからバスで2時間ほどの距離。
ホアルーと呼ばれる古都の見学や、タムコックという場所での川下りが楽しめます。

ツアーは1人が遅刻してきたため、少し遅れてのスタートとなりました。
ガイドの人の英語は結構訛ってて聞き取りづらい。
bicycle がバシコーだったり night market がナマキーだったり(笑)
まわりの英語圏の人ですらナマキーの正体に困ってたくらい。

今回のメンバーも欧米人が多め。ハロン湾のときよりはアジア人も多かったかな。

あとカメラガチ勢がわりとたくさんいました。ざっと見た感じ、ニコンユーザー多め。

さて、まずはホアルーです。

まあここは正直ふーんって感じでしたね。 歴史上重要な場所ではあるらしいですが。

同じツアーのみなさん。

こういう風景は、現地の生活感あるなーと思いました。

その後はどこかの食堂で昼食。
お味はまあまあでした。厚揚げの何かがおいしかった。
同席したイスラエル出身のお兄さんがガイドに頼んでおかわりをサービスしてくれたのでラッキー。

車で少し移動して、タムコックへ。
ここから小さなボートでの川下りです。
2人ずつの乗船ということで、さっき昼同じテーブルだったイスラエル人のお兄さんと一緒に乗りました。
漕ぎ手は女性が多いらしいのですが、僕たちはおっさんでした。

川下りとはいっても水の流れはほとんど無いため、のんびりした旅になります。

こちらは同じツアーの別のボートの人。

タムコックというのは「3つの洞窟」を意味するそうで、途中で3回鍾乳洞の洞窟に入ります。
中は真っ暗なので、懐中電灯を渡されて照らしながら進んでいく。
天井は結構低く、さすがにぶつかりはしませんがときどき頭を引っ込めないとぶつかりそう。


洞窟に入っていく手前のボート。

洞窟を抜けると大自然が広がっています。 山に囲まれた穏やかな川を下っていく気分はなかなか落ち着きます(暑いけど)。

僕らのボートを漕いでる人はとてもスピードが遅く、途中何度も抜かれました。
折り返し地点では疲れたから漕いでみろといわれ、まさか自分たちが漕ぐことにw

これ、みてると簡単そうですが、やってみるとかなり難しかったです。
最終的にはおっさんが漕ぎ直しましたが、結局ツアーメンバーの中ではかなり遅れてバスに戻ってきました。

イスラエルの兄貴とは話しててかなり楽しかった。
すごく感じの良い人で、日本のことについて興味津々でした。

さらにバスで少し移動し、今度は自転車をレンタルして田園のなかを走りました。
自転車別料金で500円なのはちょっとなあという感じでしたが。

空の色もちょっとオレンジがかかりはじめたくらいで、自然を十分に満喫できて気持ちが良かったです。

ツアーはこれでおわりで、19:00ごろホテルに戻ってきました。 バスがちゃんとホテル前まで送ってくれたのに感動(笑)

夕食は旧市街のコム・フォー・コーというお店でフォーと春巻き。 ラーメンと餃子みたいな感じ(多分違う)。

満足な一日でした。

ハノイ市内

ハノイ旅行最終日。
とはいえ、飛行機は日付の変わった0:40とかなので一日中使えます。

ホンアキエム湖を中心に、ハノイ市内を散策しました。

まずは2日前に見ようと思ってもう席がなかった水上人形劇のチケットを購入。
18:30~のものをゲット。

それまでどうやって時間を潰そうかと考え、地図をみつつ行きたい場所を考えました。

湖から少し西へいったところに、ハノイ大教会があるらしいので行ってみました。
が、この時間帯は中には入れず。
まわりをぐるぐるしつつ、土産でも探そうかとドンスアン市場へ行ったものの、これといったものも見つからずにまた湖に戻ってきました。

そういえばまだ行ってなかったな、ということで、ホンアキエム湖に浮かぶ小島の玉山祠へ。
小さいものの、赤い橋や湖を見渡せたりと、記念写真には絶好のスポットです。

昼食は湖の北にある広場に面した、シティービューカフェなるところで食べました。
名前そのまんま、5階のテラス席からハノイの街をみわたせます。

たまにはベトナム以外のものを、ということでパスタ食べたわけですが、9ドルくらいのボッタクリ価格で笑ってしまいました。

その後またあてもなく歩き、初日によったハイランズコーヒーで休憩。 ちょうどその建物にあったスーパーでコーヒー豆をおみやげに買いました。

人形劇までなかなか時間が潰せず、何度も湖に行ってはベンチで休憩してましたね(笑)

ハノイ大教会に夕方もう一度行ってみると、今度は中に入ることが出来ました。

ようやく水上人形劇。劇場の前にはすでにたくさんの人が並んでいました。
会場内、思ったより涼しくないのが難点。

劇はベトナム語なので何を言ってるのかはさっぱりわかりませんが、見ていてなんとなく話の流れはわかります。
人形や仕掛けが結構凝っていて、予想以上に楽しむことが出来ました。

劇は50分ほど。
観終わったあとは夕食を食べ、ホテルに戻ります。
21時発で空港行きのタクシーをホテルにお願いしてたので。

もちろんすでにチェックアウトしてたのですが、シャワーだけ浴びさせていただけました。

ホテルの人達にお別れを言って空港へ。
翌朝には無事、成田に帰ってきました。

このあとそのまま授業へと向かうのでした・・・。

初めて行ったベトナム、特に天気に恵まれていてすごくよかったです。 もうちょい暑くない時期に行きたいなあとは思いました。

あと、英語力のなさを痛感。
生きる分にはなんとかなりますが、外国人とのコミュニケーションをもっと楽しみたかったです。

今年の夏は日程的に海外行けそうにないので、このベトナムが最後かな、と思います。
春にトルコにも行けたので、十分ですね。

D21 地球の歩き方 ベトナム 2019~2020

D21 地球の歩き方 ベトナム 2019~2020

  • 発売日: 2019/07/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)